引っ越し時の荷物置き場に!

引越しの繁忙期は3月末〜4月上旬と言われています。転勤,就職,進学などで人が動く時期だからなのですが,近年,この時期に引越しができない「引越し難民」が増えていると言われています。

 

引越し難民の原因は「引越し業者の人手不足」と「働き方改革」だと言われています。

「引越しがしたい」という需要に対して,供給が足りていないという状況のようです。

 

引越し難民という言葉は2018年から広まってきたのですが,今後もこの状況は改善されるかどうかはわかりません。

人材の確保など,供給が増えていけばよいのですが…

 

我々引越しをする側の人間が,引越し業界のことを改善するのは難しいと思います。なので,我々ができることをするしかありません。

このページでは我々ができる引越し難民にならないための対策を紹介していきます。

 

引越し難民にならないための対策

引越し難民にならないために,我々ができることを3つ紹介していと思います。

 

早めに引越し業者に見積もりを依頼する

1番よいのは引越し難民にならず,普通に引越し業者に引越しをしてもらうことです。

そのためには,引越し業者の予約が埋まる前に早めに予約してしまうことです。

 

例えば,進学の場合,推薦などで決まった場合は,その時点で引越し業者の予約が埋まっていることはおそらくないと思います。

可能なら最速で予約するべきでしょう。

 

しかし,結局引越しをするのは繁忙期なので,引越し料金は高くなってしまいます。

とくに供給が足りてない状況なので,例年よりも料金が高くなっているのも問題となっています。

なので,できるだけ複数の引越し業者に見積もりを依頼したほうがよいでしょう。

一括見積もりサイトなどを利用するとよいと思います。

 

引越し業者ではなく,運送業者に依頼する

引越し業者が無理だった場合は,運送業者に依頼するのも手です。

運送業者も引越しプランを扱っているところもありますし,段ボールに入る荷物なら普通に配送してもらえばよいですし。

 

また近場の場合は,自分でトラックを借りて引越しする方法もあります。

荷物が少ない場合は自分たちで引越しもできます。私も荷物が少ない引越しをしたことがありますが,友達に手伝ってもらって引越ししちゃいました。

 

トランクルームに一時的に家財を保管する

3月〜4月上旬の繁忙期に引越ができないとなると,4月の中旬頃,落ち着いたときに引越をするという方法もあります。

 

とりあえず職場や学校にはいかなければいかないので,新しい部屋は借りて最低限の荷物だけ運送業者に運んでもらったり,自分で運んだりします。

そして,その他の家財道具などは「トランクルーム」に預けてしまうのです。

 

今の家の近くのトランクルームにとりあえず家財道具を預け,自分と最低限の荷物だけ新居へ。

仕事や学校に通いながら,落ち着いたら引越し業者に荷物を持ってきてもらうという方法です。

 

実際に,トランクルームの需要は引越し難民という言葉が生まれた2018年から一気に増えたそうですよ。

そういうふうにトランクルームを利用している人は多いということです。

 

トランクルームのリンクをいくつか貼っておきますのでチェックしてみてください。

 

まとめ

2018年から,年度末の引越しは確実にやりにくくなっています。

しかし,だからと言って,新生活ができないというわけではありません。ちょっと大変かもしれませんが,手段はいくつかあります。

 

新しい職場での仕事や学校は4月から始まると思いますが,究極,荷物がなくても,あなたがそこにいれば問題ないわけです。

最近はコンビニもレストランなどもたくさんあるので食事は大丈夫ですし,お風呂も銭湯など利用すれば問題ありません。

コインランドリーもあるし,下手したら漫画喫茶で寝ることもできます。

 

引越し業者が引越しができる日をおさえてしまい,それに合わせていろいろと作戦を練りましょう。

 


引っ越し時の荷物置き場に!
プロフィール

管理人:あきひろ

引越し経験5回。
親が離婚して1回,安くていいところを見つけて1回,結婚して1回,職場が遠くなりすぎたので近くに引越すために1回,親と同居するために1回。
もう慣れたもんです。

© 2019 引越し 見積もり rss